中古のWindowsマシンを Linuxマシンに変身して快適環境

中古のWindowsマシンを Linuxマシンに変身

中古Windowsマシンを購入

FUJITSU LIFEBOOK A572/E の中古品をネットで検索してポチしました。
送料を含めて 28.188円なり。

届いた A572/E の梱包を解いて電源オンした状態。
届いた A572/E の梱包を解いて電源オンした状態。

購入目的は、この中古WindowsマシンをLinuxマシン(Ubuntu)に変身させるためです。
購入時に、このLIFEBOOK A572/E を選んだ理由は CPU が Core i5を搭載した CPU だったからです。

中古WindowsマシンをLinux(Ubuntu)に変身!

あらかじめ用意しておいた Ubuntu インストール用DVDで起動し、インストールをしました。

* → Ubuntu の入手先(書籍などに付属しているDVDを使うと簡単です。)
アマゾンのサイトで「本 ubuntu インストール」を入力するとザクザクと該当する本が出てきます。
インストールDVD付きの本を購入するなら発行年月日が新しいほうが新しいヴァージョンのUbuntuがインストール出来るので手間がへります。

インストールする時は、Wi-Fiではなく有線Lanで繋いでおきましょう

「Install Ubuntu」を選び、表示される選択肢から自分の環境に合わせて選択していきます。
作業が終わったら、インストール作業の間にコーヒーでもいれてのんびりとインストールが完了するのを待ちます。

インストール完了のメッセージが出たら「今すぐ再起動する」をクリックしてインストール完了です。


1時間かからずにUbuntuに変身

1時間もあればインストール作業が終了し、Windowsマシンが Linux(Ubuntu)マシンに変身します。

インストールしていて感じたのが、4G積まれているメモリを8Gにすると、ハードディスクのスワップが減りそう・・・。という事でした。
アマゾンで「BUFFALO ノートPC用互換増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 D3N1333-4GX2/E」(6,980円)を購入しました。

MS Office互換ソフトもすぐ使えます

MS Office互換ソフトもすぐ使えます

普通に Ubuntu をインストールすると、MS Office互換のLiverOffce がインストールされています。

    LiberOffice のラインナップ

  • Writer:ワープロソフト
  • Calc:表計算ソフト
  • Impress :プレゼンテーションソフト
  • Draw:ドローソフト
  • Base :データベース管理システム
  • Math:数式エディタ

 
Microsoft Office と LiberOffice の機能比較は
→ 機能比較:LibreOffice – Microsoft Office – The Document Foundation Wiki を参考にしてください。

LiberOfficeはMS Officeと完全互換ではありませんので、あなたがオフィス関連ソフトをどのように使うかによって Ubuntu のインストールの仕方も変わってきます。

参考になるサイト (「ubuntu デュアルブート」で検索 )
Windows10とUbuntu18.04をデュアルブートする

ハードディスクをSSDに交換

アマゾンで
Crucial クルーシャル SSD 240GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm CT240BX500SSD1【3年保証】 [並行輸入品]
値段が 3,888円だったので SSD(ソリッドステートドライブ) を購入しました。
SSD は、内蔵しているメモリーチップにデータを読み書きするので、

  • 駆動音が発生しにくい
  • 発熱しにくい
  • 耐震衝撃に強い

などのメリットがあります。

メモリを増設しました

アマゾンから 4GB×2枚のメモリが届いたので、古いメモリと交換しました。
(BUFFALO ノートPC用互換増設メモリ PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組 D3N1333-4GX2/E )

 
ハードウェアに関しては全然ダメダメなので youtube で メモリ交換の動画を探してやり方をリサーチしてからの交換作業。5分で作業終了しました。(ホッ)
ソケットに完全に挿入するのが大事です。

 
メモリ増設後、ノートパソコンのBIOS画面でメモリをチェック。
 
4GB → 8GB 増設で、スピードアップの効果絶大です。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

--- 広告 ---
--- 広告 ---

コメントは受け付けていません。